50代半ば熟年専業主婦がデイトレの記録とスローライフを綴るBlogです。

田舎にある異空間でくつろぎのひと時を過ごした。

2017/07/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -

いろいろな思いで揺れるchiakiです。

 

先日、仕事を休んでスローライフを体験してきました。

平日にのんびり過ごす・・・

地元では社長さんの著書が人気の某建設会社が運営する

「ドロフィーズキャンパス」

当初は、事務所と雑貨屋さんだけでしたが

この5,6年でこの地域一帯が異空間と化しています。

まだまだ、進化しているようです。

 

浜松市の北部都田地区にその空間は存在する。

天竜浜名湖鉄道、通称天浜線「都田駅」から南へ徒歩15分ほど。

私たちは車で行きました。駐車場も完備されています。

到着したのは11時半過ぎ。とりあえずランチ。

キャンパス内の東に位置するカフェレストラン

「9sense dining」

入口

店の前

店内

席は電話で予約済。

STABU鍋を使った大人カジュアルな創作コースが頂けます。

お冷。

キンキンに冷えたオサレなボトルとともに提供される。

ただの水もこうして出て来ると、美味しく感じる。ラーメン屋さんのとは違うな〜。

メインとデザート、飲み物を選びます。

前菜とスープのプレート

スープはキノコとオニオン。

上品なオニオンスープって感じね。

ブーケをイメージしたサラダだそうです。

きゅうり、ミニトマト、ルッコラ、レタス

よくある野菜だけど器と盛り付けで

こんなに素敵になるのね~~

見た目って大事!!

人参のドレッシングがさわやか。

(私は人参が苦手…)

生ハムのブルスケッタ

この半分のサイズにしてほしいな~

私、おちょぼ口だから。。。ぷっ

茄子のなんちゃら。

添えられたお花は食用ですので、よろしければご一緒にと。

味は特に無いので食べてもOK~

 

メイン料理は4種から

いずれもSTABU鍋で煮込んだお料理

「やわらか骨付き鶏の美肌スープ」

美肌スープ気になる~~

「厳選白身魚と紫蘇風味の帆立ムースポワレ」

紫蘇風味のポワレ~おい紫蘇~

「新鮮魚介と野菜たっぷりブイヤベース」

ブイヤベースは美味しいに決まってる~

悩みぬいた私たちは3人とも

「スモークポークのブラザード」

STABU鍋でコトコトと煮込まれた豚ちゃんと

カボチャ、ニンジン、ジャガイモ。

赤ワインでしっかり煮込まれた深い味。

とっても柔らかい!美味しい!!

また食べた~~~~い!!

STABU、ル・クルーゼ、バーミキュラ等

鍋料理は素材が活きますね~~

バケットはお替り自由です。

 

デザート

デザートの前にランチョンマットが用意される。

後で登場するがマリメッコのファブリック。

北欧ファンには嬉しいサービス。

興味のない人には派手な生地(笑)

どうやら、お客の洋服の色でチョイスしてるみたい。

デザートは4種類から選ぶか

300円追加で、4種類を少しづつのドルチェミスト

私たちは欲張りなのでドルチェミスト(笑)

 

右から

キャビネット プディング

不思議な味。小豆が入ってるかと思った。

シトラスフルーツのパリジェンヌ

柚子の香りがさわやかなヨーグルト風味のゼリー

抹茶ティラミス

想像通りの味。小豆のクリームが美味しい。

ブルーベリーカスタードのベークドケーキ

ブルベリーの酸味とカスタードの甘みが調和

 

お友達のバースデーランチだったので

デザートにアレンジを加えてほしいとお願いしたところ

 

お店からのサプライズで生チョコのプレゼントを頂きました!

がっつりデザート食べちゃったので

チョコがちょこっと甘く感じた~~

 

前菜、スープ、メイン、バケット

デザートに飲み物がついて

¥2,200

満足です!

 

食事のあと、お店に併設された宿泊施設の

くつろぎの空間でしばしまったり~

 

日差しは強かったけど、涼しい風が気持ちいい。

時折、田舎の香水が香るのもご愛敬。

 

美味しい食事のあとは芸術に浸る

 

Art&People

カフェレストランから通りを挟んでのところにある建物

中に入ると癒しの空間が現れる。

ビンテージの家具と地元の作家さんの作品が展示されている。

素敵な写真!

ちょっとした美術館!

コーヒーサーバーがある。

カゴに200円を入れて自由に飲めるのがうれしい。

 

蔵で旅するBook Store

蔵の中は本屋さん!

雑貨と本が並んでいる。

なになに?

裏に抜けると裏庭〜〜

奇麗な紫陽花が咲いてました。

奥には大きな桜の木。

満開は見事だろうな〜〜

二階へ上がると屋根裏のような造り

 

畳が敷いてあり、読書にどっぷりと浸れそう~

「これからのお金持ちの教科書」のタイトルにひかれつつ

お友達の勧めで

素敵な絵本を孫ちゃんのために買いました。

こんな屋根裏が、自宅にもほしい。。。

引きこもって降りてこなくなっちゃうかも~

 

ドロフィーズキャンパスはまだまだ続く。。。

 

道路をてくてくと歩いていきますと

インテリアのギャラリー

ここはどこ?という街並みになる

この建物の奥には

なんとBBQができるスペースがある!

道路の反対側にはノルディック・デリ

軽食、スープやコーヒーの

テイクアウトも可能。

 

お店を抜けるとこんなオブジェが~~

楽器の町浜松~~ぽろろん

ガーデン&ヒル

 

お庭づくりのヒントがいっぱい~~

我が家には縁がない~~

 

北欧ファブリックのお店

とにかくカラフルね。

棟梁を育てる施設なんてのもある

週末のみの営業かな?

カフェ多いな~~

  

一年前はラベンダーはまだ咲いてなかった。

今年はいい香りがしていました!

またカフェがあった~~

ハンモックで眠りた~~~い!

眠れる森の美女~~~~(笑)

こんなにハンモックが気持ちの良いものだとは知らなかった~~

再び街道沿いに戻るとビンテージ物のギャラリー

素敵なキッチングッズや

オーガニックな食材を扱うショップ

 

ワインセラーもある。

 

 

居心地の良い時間は静かに過ぎ

いつの間にか夕刻が近づいていた。

スローライフを体験したはずがあっという間に過ぎていたよ~~

現実と違う時間を過ごすのは貴重なことだな。

これが毎日だったらどうなんだろうと思いながら帰路についた。

 

応対してくれるスタッフの皆さんは

とてもフレンドリー。

土日祝日はは若い女性や、スローライフを目指す熟年カップルで

この一帯は賑わっています。

近隣の普通の住宅の合間に異空間が点在。

それもまた趣があるというもの。

建設会社の施設なので家づくり、庭造り等の

相談にも乗っていただけます。

 

こんな田舎にこんな素敵な空間が~~

揺れる心も鎮まる時間がそこにはありました。

 

今回訪れたのはこちら

「ドロフィーズ キャンパス」

〒431-2102
静岡県浜松市北区都田町2698-1
TEL:053-428-2750
フリーダイヤル:0120-14-2750
※受付時間 10:00~19:00

充実したウエブサイトがありますので

こちらをご覧いただければ全てわかります。。。

ドロフィーズ

 

 

 

ゆとりある暮らし。。。憧れます~

皆様も是非!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© chiaki's blog , 2017 All Rights Reserved.